チェンクロ近況―アーランドの錬金術士ロロナ襲来?

コラボ元の方はプレイした事無いんですが・・・アトリエコラボ。
前回はアトリエの「黄昏」シリーズ、今回は「アーランド」コラボ。

おなじみの「ぷに」に身体を乗っ取られてユグドで暴れるロロナを止める為に
ロロナの弟子のトトリ、さらにトトリの弟子のメルルが同じ時間軸に登場するというシナリオ。



今回はがっつり課金して特攻SSRを3種確保…
イベント終了後も有用なアビリティ持ちだと思うんですよね。

”母を探す冒険者”トトリ (魔☆5 魔タイプ) 

スキルは、攻撃間隔、攻撃力、クリティカル率がアップし、効果時間内に4体トドメを差すと2魔マナが還元される「デュプリケイト」(マナ2)。
トドメを差すと一定時間クリティカル率が上がり、たまにマナを獲得する「凄腕冒険者の資質」。
マナを獲得すると攻撃力と移動速度がアップし、戦士マナの場合はさらに攻撃力アップする「友情の証明」。
ひたすら自己ブーストに特化したキャラ。スキルを発動してトドメ狙い。


”アールズ王国の姫”メルル (魔☆5 魔タイプ)

錬金〜少女〜メ〜ルル〜♪ 絆クエスト、まさかキャラテーマソング有りとはw
スキルは、前方範囲に中ダメージを与え、4マナ以上で威力が増加する「パワーアイテム」(マナ2)。
近接攻撃の間隔が短くなり威力アップし、場に僧侶がいる場合は防御力もアップする「王国のお転婆姫」。
自陣にいるとリジェネ、敵陣では攻撃力、クリティカル威力と発生率がアップする「ポジティブ思考」。
近接魔タイプなんだが…かなり殴りがつよぉい。
パワーアイテムではキノコ状のミサイルか、メガうに?が落下してくる。
この辺はコラボ元ネタ知ってたら楽しかっただろうなぁ。

”誇り高き”元”騎士”ステルク (騎☆5 斬タイプ)

ロロナの時代からいたキャラらしいけど、この姿はその後の時代のものらしい。
主人公のサポートキャラで唯一のSSR。
スキルは、近接小ダメージ3連⇒短時間溜め⇒近接中ダメージ+ノックバック+ダウンの「ガイアブレイク」(マナ3)。
自分以外の被ダメージを軽減し、マナを獲得すると自身の攻撃力がアップ、被ダメージ軽減する「騎士の誇り」。
場に魔法使いがいると自身の被ダメージ軽減し、ボスWAVEでは攻撃力、クリティカル率上昇、被ダメージ減、リジェネ発動する「内なる炎」。
トトリのマナ獲得スキル&アビリティと相性が良く、ボスWAVEでのブーストがとてつもない、レイド向けキャラ。
今回のレイド攻略でのキーキャラ。

最終的なパーティ構成はこんな感じ。フレンドから借りるキャラは何でもいいが
トトリだと殲滅速度が速く、ボスWAVE中に還元でマナ獲得⇒ステルクを強化する事が出来る。


今回の報酬は2種類。
まず、魔神討伐数に応じた報酬でSRロロナを4凸可能。

SRだがコスト8と低コスト。AP回復アビリティもあり、コスト限定や周回クエストに使い易い。

もう一つは普段のレイド同様、討伐数報酬、討伐時金箱、魔神ガチャからSSRロロナが入手可能。

”アーランドの錬金術士”ロロナ (魔☆5 魔タイプ)

スキルは、前方範囲に小ダメージ、3チェイン以上だと威力と効果範囲が広がる「錬金術士のひらめき」(マナ1)。
パーティがスキルを使うたびに自分の攻撃力が長時間アップし、入手経験値がアップし、クリア時にAP回復する「ホムサポート」。
パーティがスキルを使うたびにパーティに対し、騎士がいれば被ダメージ軽減、戦士がいればクリティカル率アップ、弓使いがいれば移動速度アップの効果を一定時間付与する「アーランドの錬金術士」。
コストは重いが各種ブースト+AP回復を備えたキャラ。

上にあるとおりロロナ4凸に成功。コラボだからか、レイドの難易度は高くはなかったですね。

とはいえ、魔神ガチャからはストッパーでしか出せなかったんですけどね!

・50体討伐報酬
・80体討伐報酬
・魔人ガチャ300回ストッパー
・魔人ガチャ300回ストッパー
・148体討伐時箱ドロップ

最近コラボ+レイドが連発していて、ガチャを休まざるを得ない…
無凸だとコラボ終了後は役に立たなくなったりするし、4凸しようにも
コラボの「旅人」所属キャラは再登場の望みが薄いからコラボ中にめいっぱいガチャする事を強いられてしまう。
いっそガチャしない方がいいんじゃないかと思ってしまうね。

チェンクロ近況―20151001

ちょっと仕事が忙しく…それでもチェンクロはやってたんですが、SS撮り忘れの書き溜め。
近況ダイジェストだけ。


■シャイニングレゾナンスコラボ「暴走竜襲来!」
レゾナンスはよく知らないので、特攻キャラは引かず。
自前のブーストキャラでフレンドキャラを強化。
これで十分…のはずだったんだけど、今回報酬が2種類のSSRで
それぞれ入手方法が魔人ガチャと討伐時ドロップで別。
結局どちらも4凸出来ない中途半端な結果に。
4凸しにくい入手方法分散型はやめてほしい…



■2部6章「鉄煙の大陸」
機械がメインテーマの大陸。敵も味方も、身体を機械化したキャラ。
スキルは高火力だが、その代償にマナスロットを埋めてしまう「スクラップ」の仕様が初登場。
一回ぽっきりで使うならいいが、長期戦等はスクラップを除去できるキャラがいないと運用が厳しい。
扱いにくそうなので新酒場でのガチャは見送り。

チェンクロ近況―フーコの夏祭り

討伐戦イベント「フーコの夏祭り」が開催されますた。


第3回になって、また討伐戦の仕様が変更。
大量の戦功が手に入るレア拠点が最初から登場するのでなく
全拠点を討伐した後にブレイブ消費無しで挑戦できるボーナス拠点が登場するようになった。

まぁ前回、黄金笛を使ってブレイブ消費無しでマップ突入⇒レア拠点がなかったらキャンセル、
レア拠点があったらレア拠点だけ討伐してキャンセル、って攻略法があったんでね…
それを受けての修正なんでしょう。
黄金笛の効果にも、ボーナス拠点出現率アップが追加。


今回の特攻キャラは以下の通り。去年のやつを取っておいてよかった。
新規:戦功アップ+性能アップ
・SSR ”甚平兵団師団長”ヴェルナー
・SSR ”絢爛の法被”シンフォニア
・SSR ”浴衣兵団隊長”ユニ
・SR ”浴衣の白百合”ローエンディア
・SR ”浴衣のメイド”エレミア
・SR ”浴衣の司祭”アリエッタ
既存:性能アップ(要リングショップの専用武器)
・SSR ”浴衣の向日葵”リフレット
・SSR ”浴衣魔人”ロレッタ
・SSR ”火焔の浴衣”ソーニャ
・SR ”浴衣の剣士”トウカ
・SR ”恋する浴衣”ベルナデット
・SR ”浴衣の悪魔”アンジェリカ

新規と既存は別々のガチャで、新SSRは7%、既存SSRは10%。
運良く1セット課金でひととおり網羅できますた。


なお、今回のイベント報酬は、
・イベントクリア、戦績報酬、第30次遠征以降のボーナス拠点の宝箱から「”すごうで忍者”フーコ」
・討伐戦ガチャから「”年代記の浴衣”フィーナ」
・その他、戦功交換で「”ちびっこ忍者”フーコ」等

2種も報酬があって、両方4凸できるかどうか不安だったけどなんとかなりますた。


各討伐戦パーティは以下の通り。

範囲、遠距離を備えた汎用部隊。


遠距離の状態異常を飛ばしてくる敵向けのパーティ。


ゴーレム戦向けのクリティカル重視の近接パーティ。


炎属性+遠距離攻撃部隊。


イベントが続いて、なかなか苦しい…たまにはスルーしないとな。。。

チェンクロ近況−20150824

レイドイベント、「鋼の魔神ロサビス襲来!」が開催されますた。

なお、今回の特攻キャラはSSRの新キャラ・と、既存SRのローエンディアとイルヘルミナ。
新たにガチャを回して得たSRは特攻武器持ちで登場。
既にSRを持っている人向けに、リングショップでローエンディア&イルヘルミナ専用武器が交換可能。

ガチャでロザリアを1枚入手し、イルヘルミナを2凸まで成長。(ロー様は既に4凸)

”亡国の王女”ロザリア (戦☆5 斬タイプ)

ロサビスが使えていた王国の王女。魔剣インヘリタンスの力を借りて剣を振っている設定。
スキルは、近接単体小ダメージ+スロウ後中ダメージを与える「アディリスクーペ」(マナ2)。
一定確率で近接正面の敵からのダメージを軽減しつつカウンターする「亡国の魔剣」。
場に騎士がいると被ダメージが減少、2人いると移動速度もアップ。2回カウンターすると
一定時間攻撃力と移動速度がアップし、カウンターすると効果が延長される「情愛の聖剣」。
カウンター重視のキャラ特性。戦士だが積極的にカウンターを狙って自身の強化を図る戦い方。
スキルの2段目がニンファのあれと同じで発動が遅く、レイドで使うにはちょっと不便。


毒はほぼ無効。矢・弾は反射するので弓使いでの攻撃は無用。
騎士だけあって攻撃はきつくないが固い。
また、ロー様の吹き飛ばしが効かない上にスキルが突進系なので持久戦は無用。

で、レイド終盤のパーティ構成はこちら。
結局、ロー様とイルヘルミナは外して、一発重視構成。

自前&フレンドロザリアのカウンター状態を維持しながらWAVEを素早く進め
魔マナが余るようならアルドラVer2のスキルで一掃&強化。
アルドラ→トレラン→ロクサ→ロザリア→ロザリアの順でチェインして高ダメージを狙う。

はい、いつも通り。

でも、お盆休みでじっくりプレイする時間が取れたので、4凸は出来ますた。

50体討伐確定報酬
∨眇瀬チャ86回目
80体討伐確定報酬
119体討伐時箱ドロップ
ニ眇瀬チャ400回ストッパー
167体討伐時箱ドロップ
魔人ガチャ400回ストッパー

”鋼の魔神”ロサビス (騎☆5 打タイプ)

超防御型の魔神。武器は120体討伐時報酬のA武器。
スキルは、ダッシュ大ダメージ+ノックバック後、自身の被ダメージを大幅軽減する「グロスフェール」(マナ3)。
ダウン状態を防止、スロウ状態の敵に与ダメージ増、被ダメージ減、魔法以外の遠隔攻撃を2倍で反射する「魔神の鉄鋼」。
戦闘不能から一度だけ復活+一定時間無敵+HP大回復し、その後長時間攻撃力アップ&被ダメージ減する「鋼の忠心」。
復活するとほぼ全快する。レイド時にこの仕様でなくてよかった・・・


魔神イベント終了後、続けて総力戦イベントがありますた。
数回のお試しとアンケートを経て、やっと本格リリース。

・総力戦自体のAP消費は無しになった。クエスト等で一定量のAPを消費すると総力戦発生。
・失敗してもペナルティ無し。即再挑戦可能。
・難易度が初級、中級、上級、超上級の4種があり、各ランクで敵タイプが3種類存在し、選択可能になった。
・蓄積できるマナの数が11個まで拡張された。
・報酬は特定職業の育成素材の他、ガチャコイン、SSRが追加された。
・SSR(今回はカタリス)が出現する時は戦闘開始前に確定演出がある。
 一日一回総力戦をやれば最終日には必ず確定演出がある。


SSは最上級の場合の報酬。なかなか圧巻。

敵タイプ別の構成は以下の通り。

大盾タイプが多い黒の軍勢総力戦向けの構成。
被弾タイミングで回復できるエリシャは長期戦向け。
敵が集中する時はファルリンで防御力アップ。火力が高い戦士ほど生きる。
範囲スキルとしてはドルテを重用。HPを減らしてWAVEを越えるほど強くなる。


毒・スロウ・暗闇ドール総力戦向けの構成。
遠隔ダメージを抑えるための騎士パーティ。トアで毒ダメージの予防と回復。
範囲攻撃はレリアンで行ってマナ獲得狙い。


ゴブリン総力戦の構成。
構成はほぼドール用と同じだが、盾の裏に回って弓・魔法部隊をつぶす為の範囲スキル持ち多め。


イベント中にSSRは必ず1枚しか手に入らないというのだけは惜しいけど
ノーリスクでハイリターンで非常においしいイベント…
4凸できてないコロパティロンやアルミルスが報酬になる時が待ち遠しい。

チェンクロ近況−ブレイブフロンティアコラボ

『ブレイブフロンティア』とのコラボで、踏破イベント「異界からの来訪者」が開催されますた。
チェンクロへは「ルナリス」「ヴァルガス」「カル」「セリア」「ティリス」が登場。
ブレフロへは「フィーナ」「ヴェルナー」「ユニ」「シンフォニア」「リンセ」「主人公」が登場。
なお、ブレフロでのツカム君は「ユーリ」の名で設定されてる模様。

踏破イベントなので、戦功アップ要素の数と、グレートフィーバータイムを引く運次第。
限定ガチャから4種の限定武器持ちコラボキャラ、リングで交換できる限定武器で戦功アップ。

なお、コラボ敵キャラとしてマンドラゴラが登場。
場にいるすべてのマンドラゴラを強化するスキルを持ち、自身が倒れた際にも場にいるマンドラゴラを強化する。
もちろん炎属性が弱点。

コラボキャラのスキルエフェクトはどれも派手。

今回のコラボイベントは…前回のタクリタンで節約した分があるのと
どうしても入手して4凸させておきたいキャラがいたのでガッツリ課金して回しますた。

踏破イベントのパーティ構成は以下の通り。
コラボを考慮してかクエストの難易度は低めなので、回復無しの入手ポイント増加重視。
トアとアンにはそれぞれ戦功アップのB武器を装備。
なんでこの2人かというと…ちょうど育成中でB武器が欲しかったのでそのついで。それだけ。



”氷の勇騎士”カル (騎☆4 突タイプ)

専用武器・勇蒼斬ラド・ミラーシュを持って参戦。
ブレフロの主人公の親友?の立場で、既に召喚士として名を馳せている存在みたい。
スキルは、近接単体小ダメージ→自身中心範囲小ダメージ→前方範囲小ダメージを与える「真・魔神蒼破斬」(マナ2)。
通常攻撃で一定確率で凍結付与し、自身は凍結耐性を得る「氷勇の覚醒」。
トドメ時にたまにマナを獲得し、2人以上で同じ敵を攻撃するとSPARKが発生し与えるダメージが増加する「閃神の号令」。
スキルモーションは払い→槍回し→突き。名前はテイルズオブファンタジアみたいで、技はロマサガの無双三段っぽいですね。
長めのモーションで無敵時間が長く、敵を巻き込みやすいので結構有用。
SPARKというのはいわゆるケ者キャラが持っている集中攻撃と同じで、ブレフロ内のゲームシステムを再現したもの。


”孤高の剣士”セリア (戦☆4 斬タイプ)

ツンデレ。鳳翔剣ヴェルナードをもって参戦。
スキルは、前方範囲炎属性小ダメージの「ガーネットブレイザー」(マナ1)。
クリティカル威力がアップし、2人以上で攻撃するとSPARKが発生する「潜在能力の開花」。
WAVE開始時に最もHPが低い味方の攻撃力を増加&受けるダメージが減少&HPを回復する「鬼神の波動」。
扱いやすいアビリティに加え、1マナ属性範囲攻撃スキルもちと扱いやすい。
こちらもスキルモーションが若干長めで便利。


”艶傀の瞑儚神”ルナリス (魔☆5 突タイプ)

4凸させておきたかったのがこのキャラ。面倒見のいいお母さんキャラだとか。
スキルは、自身中心範囲小ダメージ+暗闇の「マルチバース」(マナ1)。
近接ダメージ増加+攻撃間隔短縮し、暗闇状態の敵に与えるダメージが増加する「影魔術の奥義」。
WAVE毎に攻撃力&移動速度がアップし、2人以上で同じ敵を攻撃するとSPARKが発生する「闇葬瞑神の力」。
近接魔法使いで1マナ暗闇範囲スキル。絆アビリティは暗闇無効で、旅人の魔法使いの絆要員としても優秀。


”煌覇炎神”ヴァルガス (戦☆5 斬タイプ)

ルナリス4凸を目指していたら、先に4凸したキャラ。
スキルは、近接単体炎属性小ダメージ5回→中ダメージの「イグニードヴァイザー」(マナ2)。
2人以上で同じ敵を攻撃するとSPARKが発生し、3人以上だと効果が増す「炎鳳神の力」。
場に魔法使いがいると攻撃力アップ、僧侶がいると被ダメージ減少、騎士がいると移動速度が上がる「未来を紡ぐ燈火」。
キャラ通り、純粋な火力キャラ。


コラボイベントの為か、通常の踏破イベントよりも敵の難易度は低め。
そして、イベントキャラであるティリスが1体は入手しやすくなっている。
例によって、全ルート攻略完了するまでは超スタミナの実は温存し、
終盤の高効率クエストでのFEVER TIME、GREAT FEVER TIMEを狙う。

ルート踏破でティリスが1枚。戦功報酬でティリスがさらに4枚。
戦功報酬ではティリスモデルの聖武器「プリティークリスタル」が2本まで入手可能。

女神ティリス (僧☆5 聖タイプ)

ちょっとイラッとする口調のキャラ…ブレフロではゲーム開始時のガイド役。
スキルは、味方全体HP大回復後、自身の攻撃力&移動速度アップし、効果時間内2体トドメで1マナ還元する「プリティバトルクリスタルキッス♪」(マナ3)。
近接攻撃間隔が短縮され、同じ敵に2人以上で攻撃するとSPARKが発生する「女神の導き」。
マナ1を持った状態で戦闘開始し、自身はスロウ/呪い/封印にならない「虹女神の奇跡」。
イラッとする上に使いにくいっ!
回復するのにマナ3使うし、効果時間が長すぎて、還元される前に戦闘終了することも。

イベントは、ティリス4凸は成功したものの、最後の報酬である2本目のプリティークリスタルには届かず。
GREAT FEVER TIMEにまるで恵まれなかった… 特攻キャラ揃えてなかったら4凸も難しかったかも。
 

| 1/96PAGES | >>

search this site.

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< July 2016 >>

selected entries

profile

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

mobile

qrcode

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM